HOME > 顧客サポート > ニュースレター代行

main_rw_top_c.png

お客様との関係作りをしてますか?

お客様との関係を作るために、あなたのお店ではどんなことに取り組んでいますか?


「いやあ、忙しくて・・・」
と答えたあなた。
忙しいのは、経営者ならみな一緒です。
でも、お客様から見たら、 「忙しい」なんていうのは、お店側の勝手な都合にしか映りません。

「DMを定期的に出してるよ」
「年賀状、暑中見舞い・・・かな」
と答えたあなた。
来店を促すメッセージを送る、イコール「売り込み」であることに気づいていますか?

「別に何も・・・」
「やらなくちゃいけないことは分かってるんだけど・・・」
と答えたあなた。

ご承知のように、日本全国には23万店ものサロンがあります。
美容室の市場としては成熟期にありますが、そんな中、毎年10000店舗の新規出店があって8000店舗が閉店しています。(2011)
つまり、美容室の店舗数が飽和状態の中、なんと毎年2000店舗は純増している事になります。

さらに、美容業界では年間で5〜7割のお客様が流出するといわれている上、多くのお店がわずか5年で経営が困難に陥ってしまうというデータもあります。


ところが、そんな中でも、集客の方法を見直すことによって、不況下を生き残り、売上を伸ばし続けているお店が存在します。

その秘密が「ニュースレター」です。

まだやっていない人は、すぐにでも始めてください。

何を書けばいいかというと、何でもいいのです。なぜなら、発行する相手はすでに一度、来店してくれた人ですから。

重要なのは、興味を持って毎回読んでもらえるようにすることです。

面白くない内容では、読者が離れていきます。

それには、毎回届くのが楽しみで仕方ない——そんなニュースレターを配信しなければいけません。

実はニュースレターを「出す」こと自体には意味はありません。

真の目的は「お客様と定期的に接触し、良好な人間関係をつくる」ことだからです。

なぜかといえば当然、再来顧客を獲得するため。

それには、お店のコミュニケーションレベルを上げなくてはいけません。

人間関係=接触頻度×人柄です。

接触頻度を上げるか、人柄を伝えていくことで、良好な人間関係を作ることができます。

接触頻度を高めると好感が高まる。そして、人柄を伝えるほど好意が高まる、ということです。

なぜ、こんなことをする必要があるのでしょうか?

そうです。お客様は先生のことを忘れてしまうからです。

ただし、ニュースレターをゼロから作ってはいけません。

毎月時間をかけてゼロから作っているライバル店はたくさんあります。

それも多くのお店は、商品説明や売り込み案内といった、自己満足、自画自賛としかいえないような内容のものを発行しています。


その結果、まず、読まれません。


読まれないので、2・3回発行しただけでやめてしまいます。結果を出せない典型的なパターンです。

では、どうすればいいのでしょうか?

ニュースレターのひな形を利用すればいいのです。


そして、商品説明やメニューの売り込みがしたければ、必ずセールスレターを使うなどして、ニュースレターとは別に行ってください。(詳細は「ニュースレター活用法」でお話しします)

また、美容サロンに限らず、ほとんどの業者では、ニュースレターをメール便などを使って発送しています。

年間を通すとどれだけのコストになることでしょう。

ニュースレターは郵送する必要はありません。来店したお客様に直接、手渡ししてください。そうすれば郵送費は0円です。

ずばりニュースレターとは?

ニュースレターでは、
・サービス内容
・スタッフのこと(褒めてあげてください)
・先生自身の情報 
・店でおこったエピソード
など、先生のお店の情報を発信していくのです。


先生の思いを綴ったお手紙をお客様に届けること、と言い換えてもいいでしょう。

ニュースレターを出すと
・売り上げが上がります
・お客様とのコミュニケーションが上手くとれます
・お客様は先生のお店に愛着がわきます
・従業員との信頼感が深まります
・数えきれないほどの良いことが起こります

先生の想像を超える新たな仕事の提案、意欲、アイデアが溢れ出します。

ニュースレターは行動のためのマーケティングです。

成功法則があるとすれば、それは行動することです。


そして、ほんのちょっとした行動の結果、店に活気が溢れ、発想が前向きになります。方向性が決まり、お客様に好かれる店になります。

新しいことにチャレンジできるようになれば、これほど嬉しいことはありません。

必ず好循環が生まれます。

私はただのひな形を提供しているつもりはありません。

最高のニュースレターを、自信を持って作成し、アドバイスします。


大手通販会社や化粧品などでは、ニュースレターを発行して大きな成果をあげています。

コスト管理の厳しい通販会社が、わざわざニュースレターを郵送するのは、ニュースレターを出すと売り上げが上がることが実証済みだからです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

どうでしょう?

集客って以外と簡単なんだな、と感じてもらえたでしょうか。

ちょっとした、小さなきっかけが、大きく人生を変えることがあります。

そして、先生にも、ほんの小さなきっかけが、今ここにあるのです。

当社のマニュアル(ニュースレター活用法)には、私と会員サロン様で長い時間とお金をかけて積み重ねてきた、ニュースレターに関する「実践と経験」から生まれた内容が詰まっています。


「今すぐお客様を集めたい」
「売り上げを上げたい」
と、嘆いているだけでは何も変わりません。
あなたにも、一日も早くニュースレターを発行してほしいと思っています。


これから詳しくお話します。
まずは一度、試してみてください。

以上がニュースレター活用法の内容です。
詳しいマニュアルがほしい方は、郵送でお送りしますのでご連絡ください。

ずばりニュースレターとは?

新規のお客様を探すには労力がなんと10倍も必要
■新規のお客様を探すには労力がなんと10倍も必要 10

コミュニケーションの壁を乗り越える
■コミュニケーションの壁を乗り越える 14

ニュースレターはこんな風に働いてくれる
■ニュースレターはこんな風に働いてくれる 18
◇ニュースレターを発行する本当の目的 18
◇お客様にしょっちゅう電話するわけにもいかないし・・・

ニュースレターでこんな風に売上が上がっていく
■ニュースレターでこんな風に売上が上がっていく 22
◇常連さんの反響でモチベーションが上がった 22
◇お客様はあなたを忘れているだけ 23
◇ニュースレター効果で車も売れる 23
◇売り込まないで店販品を売る方法 24
◇3ヶ月、我慢してください 25

ニュースレターの作り方
■ニュースレターの作り方 28
◇売上を上げるニュースレターには特徴がある 28
◇ニュースレターには必ずこれを書け 29
◇宣伝臭を消すテクニック 31

ニュースレターの配り方
■ニュースレターの配り方 34
◇半年も来店のないお客様へはどうすればいい? 34

ニュースレターを成功させる秘訣
■ニュースレターを成功させる秘訣 38

商品を売るにはセールスレターを使う
■商品を売るにはセールスレターを使う 42

ニュースレターを長く続けるコツ
■ニュースレターを長く続けるコツ 46

お客様の声
■お客様の声 50
◇毎号20分だけの作業でお客様が増え、お金の悩みがなくなりました 50
◇7割のお客様が店販のシャンプーを使ってくれるようになりました。 52
◇半分以下の費用で6割のお客様
が戻ってきました。もっと早く始めればよかったと反省です 53

ひな形を使って、ニュースレターを今すぐ、発行しよう
■ひな形を使って、ニュースレターを今すぐ、発行しよう 56
◇ニュースレターは投資である 56
◇ニュースレターで集客に成功している美容サロンは、ニュースレターを自分で作っていない? 56
◇お客から好かれるニュースレターのひな形とは? 58
◇メールでひな形のデータを送ってほしい[ゴールドコース] 59
◇印刷したニュースレターを送ってほしい[プラチナコース] 60
◇今すぐ、ファックスでご返送 62

追 伸
■追 伸 64

いまならまだ、間に合います!
美容室の経営者として成功したい! インターネットを使って 新規獲得を本気で増やしたい!
もしその答えが Yes であれば、今すぐその一歩を踏み出してください!
まずは無料相談からお試しください。必ず返信致します。

086-238-8701
メール

main_rw_bot_c.png